最近の技術進歩はスゴイですね!

線入れと色塗りまでAIが自動で

やってくれるサイトがありましたので

早速試してみましたよ。

 

横着な・・ あっ!いや、忙しくて時間のない

絵描きさんにぴったりかもです。

 

 

AI自動線画化

 

前回の下描きを自動で線画化!

 

 

 

 

左が元の下描きで、右がAIの線画。

 

 

早稲田大学の研究の一環で作られた

こちらのサイトです。

 

「ラフスケッチの自動線画化」

 

「ウェブサービス」のリンクで実際に

自動で線画へ変換するページに行くはず

なのですが、なぜか現在繋がらない状態・・

 

 

線画化は自動でしかも一瞬でした。

自動線画が作られた後、若干修正はしましたが・・

 

 

ちなみに線画判別の強弱があり、

左から「弱」「中」「強」でこんな感じ。

 

 

今回は「弱」を元に修正したものを次の

AI自動色塗りに使いました。

 

 

AI自動色塗り

次は色塗りですね~。

これもこだわるとけっこう手間がかかる

作業なんですよね。

 

試したのはこちらのサイトです。

 

「PAINTSCHAINER」

 

早速AIに塗ってもらいました。

 

 

こんな感じに仕上がりました。

パターンは3種類あり、

「たんぽぽ」「さつき」「かんな」のどれかを

選びます。図は「たんぽぽ」。

 

「さつき」はこれ。

 

 

そして「かんな」はこちら。

 

右下に絵の具こぼしちゃったみたいな

ところがどうやっても消せなかった。

 

 

お次はゆっちゃんで試しました。

この線画はAI自動線画化を知る前に

自分で描いてましたので、それでトライ。

 

 

部分的に色指定できるので、ゴソゴソ

試した結果です。ちなみに「たんぽぽ」で。

多分、私の線入れが細かったのか・・

なんかボヤけすぎちゃった感じ・・

 

 

線入れしたもので試しましたが、今度は

前回の記事で描きました二人の下描きのまま

「かんな」で塗ってもらいましたら、こんな

感じになりました。瞬間でここまでできるなら

意外といいかも。

 

 

ちなみに、背景はこんな感じで指定すれば・・

 

 

このようになります。

 

線が閉じていない部分があったりするので

指定通りの色にならなかったりしたので、

きちんと閉じてないと、思うような色指定に

ならないのかなって思いました。

 

 

いや~、自動に一瞬でここまで塗って

くれるなら、線入れさえしっかりしていれば

上手に使えるかもしれませんね。